本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

今日読んだ2冊の本

こんばんは。本日読んだ本についてお話しいたします。

 

こちらです。

 

プロ野球 勝ち続ける意識改革」

 現在西武の監督を務めている辻発彦さんの著書です。

内容は、辻さんが西武時代に監督を務めていた広岡監督と森監督、ヤクルト時代に監督を務めていた野村監督、中日時代に指導者として野球界に携わっていた頃の監督の落合監督について書いてあります。

監督は選手達にどのように接していたのか、どのようなことを求めていたのか、この野球に関する見解が優れた4人の姿を知りたくて読んでみました。

読んでみて、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」「ミスは叱らないが、手抜きは叱る」「練習に時間制限は設けない」「基本を徹底的に鍛える」「管理野球」など、本人の著書でも同じこと言っていたなと思いました。

辻監督は、野球を知っている監督の下にいたから、西武の監督をやって良い成績が残せているのだと思いました。

今のプロ野球の監督の中では一番野球を知っていると思っています。

 

「心の野球 超効率的努力のススメ」

 

 巨人のエースを務めて、大リーグでもプレイした桑田真澄さんの著書です。

読んでみると、指導する時に子供達に野球の練習はもちろんのこと、人間としてどうあるべきかを教えています。

特に、挨拶、親に対する感謝の言葉などは徹底させています。

また、桑田さんが現役の頃のことも書かれていました。高校時代の練習内容や、研究熱心で、興味のあった古武術を野球に活かせないかなど、何でも野球に取り入れようとしていました。

特にワインが体に良いというので飲み始めた所は、自分と同じ理由だと思わず苦笑してしまいました。

全体的に、内容は野村克也さんと似たようなことを言っているなと思いました。常に謙虚でいること、靴をキチンと揃えるなど、野球に関係無いことを重要視している所、プロセスを重視している所は同じだと思いました。

 

この本を読んで、謙虚について考えてみました。

他人に対しては、謙虚に振舞っている人は、内心傲慢なんじゃないかと思っているのですが、桑田さんの場合は、現役時代大怪我をしたり、苦しいことを経験しているので、桑田さんは本心で謙虚な発言をしているのだと思いました。

結果を出す人間は、それまで順風満帆で進んだ訳ではないから自然と本心で謙虚になるのだと自分なりに感じました。

また、日常生活で、この人、謙虚さが無いと思っていても、本人は内心では謙虚なのかもしれないので、上辺だけで決めるのは良くないと思います。

重要なのは他人から謙虚だと思われるようにするのではなく、自分自身がまだまだであると思っていれば良いと思います。

読んで色々勉強になりました。

 

今回のお話は以上です。読んで下さり、ありがとうございました。